定例理事会終了しました!

標準

こんにちは~

事務局のまきです。

 

今日はICYEジャパンの定例理事会でした。

ICYEジャパンの理事会は月に1回あります。

(他のNPOと比べても多いですよね)

 

DSCF4706

 

 

 

 

 

 

 

 

理事会の内容は主に2つ。

各事業報告と、検討や承認が必要な議題の確認です。

 

ICYEジャパンの理事は、積極的に事務局運営を支えてくれています。

直接事業の補佐をしてくれる理事もいれば、イベント運営やマーケティング、広報、経理・総務関係を支援してくれる理事もいます。

 

理事会の所要時間が長いのがたまにキズですが、それでも、月一回の理事会は理事と事務局とのコミュニケーションの場となっています。

 

まだまだ経験の浅いスタッフが事務局で頑張っていられるのは、最大の支援者である理事たちのおかげです 🙂

 

いつもありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いします。

 

はじめまして!

標準

こんにちは!

本日からインターンをさせていただくことになりました、上田と申します。

現在大学3年生で、大学ではスポーツを専門に学んでいて、

スポーツをするのも観戦するのも大好きです!

 

今回こちらでインターンを決めた理由は、もともと海外ボランティアに興味があり、

国内でのイベント企画・運営に携わりながらも、社会勉強をしたいと考えたからです。

海外経験としては、昨年の夏に一週間ボランティアでカンボジアに行ったことと

今年の春に1ヵ月アメリカのカリフォルニア州にホームステイをしたことがあります。

カンボジアはまだまだ発展途上にある段階の国で、生活環境も衛生面も治安も

日本とは180度に近いぐらい異なり、決して裕福な国ではありません。

手で持てなくなるほど短くなった鉛筆も大事に使ったり、書く場所がなくなるほど

文字でびっしり埋まったノートを大事にとってあったり、現地の子供にとって当たり前のことも

私にとっては衝撃的で、自分がいかに贅沢な暮らしをしているのか思い知らされる毎日でした。

日本と全然違う環境に飛び込むことで、最初は戸惑いながらも現地を離れるときは

号泣するほど大好きな国だと思えました。それは現地の人のあたたかさ、優しさがあってこそだなと

今でも深く感じていますし、またいつかカンボジアに行きたいと思っています。

 

 

image

 

アメリカ滞在中は、平日は語学学校に通い、土日は友達と買い物に出かけたり旅行をしました。

堪能ではありませんが、もともと英語を話すことが好きでアメリカに行くことを決めましたが、

たった1ヵ月でもホームシックになったり、あんなに好きだった英語をもう聞きたくないと思ったりと

山あり谷ありの1ヵ月でした。

カリフォルニアは1年の90%が晴れる地域で、気軽にビーチに行けたり陽気な人が多かったり

とても素敵なところです!滞在中も帰国後も強く思うことは、もっともっと英語を話せるようになって

もっともっと多くの外国人とコミュニケーションをとりたいなということです。

その思いをいつまでも忘れないためにも、英語の勉強をこれからも継続していきたいと考えています。

 

長くなりましたが、インターンを通して自分のひきだしをたくさん増やし、

たくさんのことを吸収し成長したいと思っています。

まだまだわからないことだらけですが、精一杯頑張るのでよろしくお願い致します。

 

 

 

 

アサイド

 

こんにちは。インターンの有賀です。

インターンも本日で3週目に入り、

パソコンにも段々と慣れてきました。

エクセルもワードももっと使いこなせるようになれたら

楽しいんだろうなあ…などと考えつつ、

日々格闘中です。

 

本日は主に来日生用の資料作りと

プロフィールの翻訳を行いました。

来日生の方々はフィンランドやドイツ、スイス、イギリスなど、世界各国から

それぞれ思いを持って日本へボランティアに来てくれるのだなあ、

と思うととても嬉しくなります。

是非日本の魅力を最大限に感じ取ってもらいたいです。

 

ICYEジャパンでのインターンでは日本にいながら

海外のことを学ぶ機会が多いので、

私も来日生に負けず、たくさん吸収して

将来に生かしていきたいです。

 

 

 

internship @ICYE office 🙂

まだ間に合う!今夏出発長期プログラム

標準

事務局のやまだです。

 

今日は、今からでもまだ間に合う、今年の夏出発の派遣生を募集している国をご紹介します。

まずはフランス。フランスは子ども教育に関するボランティアが多いです。

(フランス語なのですが、ICYEフランスのホームページはとてもおしゃれです。

芸術的センスが素晴らしいです。ぜひチェックしてみてください。ここをクリック!

フランスにはICYE歴20年以上のベテランスタッフがいるので安心です♪

DSCF3822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて次はホンジュラス

ホンジュラスは子ども教育の他にも、障がい者支援コミュニティ支援など、幅広いプログラムがあります。

ホンジュラスといえばコパンのマヤ文明の遺跡(世界遺産)が有名ですが、

DSCF1893

現地にどっぷり浸かって、こーんなにたくさんのホストファミリーと一緒に生活してみませんか!?

DSC03665

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※普段は一緒に住んでいない親戚も入っての一枚です)

 

フランスホンジュラスも、5月中旬まで申し込み受け付けします!(定員になり次第締め切り)

今年中に、どこか海外に長期で滞在したい、とお考えの方、ぜひご検討ください!!

 

ブラジルも、今週いっぱいまで申し込み受け付けしますので、こちらはお急ぎください!

 

こんにちは!

標準

 

こんにちは。

初めまして、本日4月10日からICYE ジャパンさんでインターンをさせていただくことになりました、

有賀と申します。

この春から大学3年生の20歳です。

以前から国際交流に興味があり、何か私も携われないかと思っていたところ

ICYE ジャパンさんのホームページを見つけ、応募しました。

大学では英米文学を専攻しており、

趣味は洋画鑑賞、カフェ巡りです。

海外経験としては、

昨年の夏にアメリカのミネソタ州に3週間のホームステイ、

今年の3月にNYへ友達と10日間旅行に行ってきました。

同じアメリカでもミネソタとNYでは雰囲気が全く違い、面白かったです。

ミネソタ州は自然がたくさんあり空気もおいしくて、クリーンな印象でした。

ウサギやリスがその辺にちょこちょこいます。

NYは映画に出てくるようなブランド街、オフィス街がそのまんまイメージ通りでありました。

(ただ、『プラダを着た悪魔』のようにヒールをはいている人はほとんどいなく皆スニーカーでした。)

そしてこれらの経験を経て自分の英語力のつたなさを痛感し

ただ今は必死に勉強中です。。。

ICYEの活動ではさまざまな国からの来日生と関わることができると知り

今からとても楽しみです!

お仕事の方も、まだまだわからないことだらけですが精一杯力を尽くします。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

困っている外国人を見かけたら…

標準

事務局のやまだです。

 

みなさんは、街で困っている外国人を見かけたら自分から声をかけて助けてあげますか?

あまり大きな声では言えないのですが、私は自ら声をかけることはほとんどしません。

もちろん、迷っているんだなかわいそうに助けてあげたい、という気持ちはあるのですが、

私の場合、迷っている人は大抵、駅の切符売り場で路線図を見ながら固まっているので、

目的地まで最短・最安ルートを案内する自信がないため、あえてこちらからは声はかけません。。

特に最近はいろんな線と線が直通運転になっているので、何が何だか分かりません。

東京に住んでいても分からないのですから、旅行者はもっと分からないですよね。

だから助けてあげないといけないということは分かっているのですが)

 

ただ、不思議に思うことがありまして、日本に来ている外国人旅行者は、

日本人の奥ゆかしさに感化されたのか(?)、分からなかったらすぐ聞く、ということが少ない気がします。

私の通勤路にはただただ迷っている外国人旅行者がよくいます。

私は、ドイツにいた時、駅でバックパックを背負った、明らかに旅行者、という感じの人に呼び止められ、

Español?」と言われたことがあります。こんなにアジア人顔なのに、なぜ私がスペイン語を喋れると思ったか、

と言いたかったですが、私も迷ったらすぐに人に聞いてしまうので、お互いさまでした。

 

それとやはり、日常の中で英語を話す機会がほとんどないので、何となく恥ずかしい気持ちになってしまうんですよね。

聞かれてもいないのに、いきなり May I help you? と言うのは、結構勇気のいる行動ですし、

頭がなかなか英語モードに切り替わりません…。

 

今朝、「花子とアン」を見ていて、主人公のはなが入学した女学校では、金曜日はEnglish Dayで、

校内で外国人教師と出会ったら英語で話さなければいけないというルールがあって、

英語が分からないので、先生に会わないように逃げ回っているシーンがあり、何だかはなに共感してしまいました(笑)

 

でも、2020年の東京オリンピックにむけて、「お・も・て・な・し」の心を忘れずに、

積極的に話しかけていきたいものです。まずは路線図を覚たいと思います…。

Spring has come ですね

標準

こんにちは、事務局のやまだです。

 

今日から新年度ですね。新社会人の方は、入社おめでとうございます!

(入学式はもう少し先ですかね。でも、進学される方も、一足早く、ご入学おめでとうございます!)

実はICYEジャパンの年度は7月に始まるので、特に今日から何かが始まるわけではないのですが、

学生の頃は新歓の準備に燃えていたな、とか、×年前には新調したスーツを着て入社式に行ったな、とか

思い出し、何となく気分を新たにしています。

特に今年は消費税増税、笑っていいともの終了…と、区切りとなる出来事が多いですね。

私は花粉症なので、この時期はそれが辛いのが難点ですが、

新しい出逢いや何か始まる予感のする春が、季節の中でいちばん好きです!

 

東京は桜が見頃ですね。みなさんお花見には行かれましたか?

ICYEジャパンでも日曜日にお花見をする予定です。それまで今の状態をキープしてくれると良いのですが。

(リターニー&コワーカーのみなさま、参加者はまだ募集中なので、興味のある方はご連絡ください!)

 

それから今日はエイプリルフールですね。

…せっかくなので何かウソをつこうかと思いましたが、気の利いた面白いウソが思いつかないので、やめておきます^^;

 

それでは、新生活をスタートさせたり、ウソをついたりつかれたりして、素敵な春の一日をお過ごしください~♪

DSCN0378

 

インターン修了します。。

標準

皆様こんにちは。インターンのyukiです。

 

私事ではありますが、

昨年10月から始めたインターンを本日で修了することとなりました。

 

私は現在会社員で、転職先としてNPOを考えているのですが、

インターンとしてICYEジャパンに半年間継続して関わらせて頂くことができ、

単発のボランティアではできない、貴重な経験をいくつもさせて頂きました。

 

インターンの業務としては、

グローバルフェスタでの焼きまんじゅう作りに始まり、日常の諸々の業務から

来日生オリエンテーションキャンプ(先日ブログでも報告させて頂きました)まで

幅広く携わらせて頂きました。

特に、キャンプを【自分たちで一から作っていく】という作業が、今の仕事では

なかなか経験できないことで、貴重でした。

 

途中、平日は会社員として働き、土曜日はICYEでインターンという、週休1日の

ような生活に疲れたときもありましたが、いま思うと3月までやりきって良かったと

思います。

インターンの半年間は、転職活動はせずにインターンに集中していたので、

自分にとってNPOへの転職について改めて考える期間にもなりました。

 

今後は、NPOへの転職を目指すことは変わりませんが、

その前に、ボランティアや青年海外協力隊などで海外に長期滞在するのもありかな、

と思ったりしています。

 

最後に、事務局の皆様、理事の皆様、ICYEで関わってくださった全ての皆様、

ご迷惑もお掛けしたかと思いますが、半年間大変お世話になりました!

ありがとうございました!

 

「あ、そう?」

標準

事務局のやまだです。

今日は先日プログラムを終えたばかりのマニュエルが事務所にやってきました。

 

DSCF3150

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半年前のマニュエル

DSCF4563

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のマニュエル

 

…劇的ビフォーアフターみたいにしたかったのですが、

夏服から冬服になったくらいで、そんなに変わらないですね。。

 

でも日本語はかなり上達しました!

半年前は会話のほとんどが英語でしたが、今ではほとんど日本語のみでも話ができるくらいになりました^^

今日も午前中は日本語学校に行ってから、ICYEジャパンのオフィスに来たみたいです。

自然に「あ、そう?」とか、靴を履くときに「よいしょっ」という言葉も出てきます(笑)

 

今月からプログラムをスタートさせた来日生たちの半年後も楽しみです!

DSCF4254

新来日生、半年ぶりの来日生、全員集合!パート2

標準

こんにちは。インターンのyukiです。

昨日に引き続き今日のブログでも、 来日生オリエンテーションキャンプの模様をお送りします!

 

2日目(午後):

■ボランティアワーク■

午後は、キャンプ先のふるさと館様でのボランティア活動でした。

ボランティアは、①田んぼの畦道作り、②竹の柵作り、の2種類から 各自選んでもらったのですが、

来日生全員がハードな畦道作りを選択。 皆元気です。 DSCF4346          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 作業用に地下足袋をお貸し頂きました。来日生から「忍者シューズ」として大人気でした!

↓畦道作り中。皆がんばっています。

DSCF4360 DSCF4362

 

 

 

 

 

 

 

畦道作りの間、来日生達は休憩を取ろうとせず、バリバリと働いてくれました。

結局、夕方までずっと休憩なしで畔道を作り続けてくれました。皆パワフルで疲れ知らずでした。

 

■タレントナイト■

夕食後、各自が持つ一芸を披露してもらうタレントナイトを開きました。

皆それぞれ多彩なタレントを持っていて、驚かされたり笑わされたりと、 とても楽しい時間でした!

ここでは、そんなタレントの一部をご紹介します。

DSCF4399DSCF4411

 

 

 

 

 

 

左:某有名ゲームのテーマ曲を弾くデンマーク人来日生。上手すぎでした。

  現在のボランティア先ではピアノコンサートにも出たそうです。

右:水を口に含みながらデンマーク国歌を歌うデンマーク人来日生。彼が一番笑いを取っていました。

  子供の頃に友達と一緒にやっていたそうです(デンマークで一般的というわけではない)。

 

■交流会■

夜はまだまだ終わらず、交流会を開いて皆で親睦を深めました。

DSCF4474DSCF4481

 

 

 

 

 

 

左:オーストリア人来日生は、来日1週間で早くもピースで角を生やす技術を取得。

右:交流会中に、なぜかマッサージが始まりました。

 

3日目:

■ワークショップ:皆でスローガン作り■

最終日の午前中は、全員で今後6ヵ月のスローガンを作るワークショップでした。

到着/中間/最終と立場の違う3組が一緒にスローガンを作るということで、少し

難しかったかもしれませんが、それぞれの共通点を見つけてスローガンにしてくれました。

DSCF4515DSCF4527

 

 

 

 

 

 

今後6ヵ月でやりたいこととして、日本語や日本文化を勉強する、日本人の友達を作る、

を挙げる来日生が多かったです。

中間/最終の来日生からは「無理をしないで楽しむ」という声も聞かれました。

そして、最終的に皆のスローガンは【Love & Peace】に決まりました。

 

■ワークショップ:背中にメッセージ書き■

今回のキャンプ最後のワークショップとして、来日生どうしでお互いにメッセージを

書きあってもらいました。

その方法は、背中に紙を貼って本人に見えないように皆でメッセージを書くというものでした。

今後メッセージを読んだときに、このキャンプのことを思い出してもらえればいいな、と思います。

DSCF4556DSCF4578

 

 

 

 

 

 

 

これで、2泊3日のキャンプは終了です。

 

最後になりましたが、

受け入れてくださったふるさと館様、ありがとうございました。

気持ちよく受け入れてくださり、とても充実したキャンプにすることができました!

 

また、お手伝いしてくれたリターニーのお二人、ありがとうございました。

キャンプのプログラムを考える準備段階から関わって頂き、とても助かりました!

 

そして、

ここまで読んでくださった皆さんありがとうございました!